日本親子応援団 開催講座

 
臨床発達心理士であり『子供の「脳」は肌にある』(光文社新書)『皮膚感覚の不思議』(講談社ブルーバックス)などを著書に持つ山口創さんの考えをもとに、鍼灸師が考案したオイルを使用しないマッサージや、知能を伸ばす刺激を毎日の遊びの中に取り入れ、
お子さんにとって大切な「あそび」を楽しくプラスに変える「育脳あそび」 など

子育てがもっと楽しく豊かな時間になる知恵をお伝えしています。 

小児経絡アドバイザー養成講座

(4時間)


2022年6月開催予定!!

オンライン・対面での開催予定
先行予約受付中!!

受講料:78,000円 (税込 85800円)

臨床発達心理士山口創さんの考えをもとに鍼灸師が考案した日本古来のふれあいマッサージを中心に、「触れる」を基礎からひも解く講座。

日本古来の子育てには知恵がいっぱい。
なぜ、良いことをしたら頭を撫でるの?
寝かしつけの時の背中トントンにも意味があるの?
痛いの痛いの飛んでけー!のすごい知恵

子育ての知識は、親子の時間をもっと豊かにしてくれます。

 1コマ 

ふれあいの基本・触れる効果

◎べったり育児
◎応答のあるふれあいが肌に良い記憶を残す
◎オキシトシンとは
◎触れる側にも効果がある

2コマ 

子どもの発達・皮膚と脳の関係

◎新生児は触覚を頼りに成長していく
◎脳の発達に合わせたふれあい
◎イヤイヤ期
◎皮脳同根
◎脳の重量

3コマ 

脳を育てる言葉がけ・なでなで育児

◎言葉の力
◎肌で触れる前にできること
◎日常に「なでなで」を取り入れる

4コマ 東洋医学をもとにした日本式ベビーマッサージ

◎日本式ベビーマッサージの基礎
◎経絡
◎持って生まれた体質から読み解くふれあい
◎それぞれのSOSを見逃さない 


参考文献『子供の「脳」は肌にある』(光文社新書)

【保育士向け 特別講座 参加者の声】
 

今までは  ただ触れる事は良いことと聞いて  誉める時には頭を撫でたり  泣いてる子にはぎゅっと抱っこしたり 何気なくやっていましたが、ちゃんと意味があり この子に合った触れ方  状態に合った触れ方を見きわめ  相手を思いながら 触れなければ  あまり意味がないと 勉強になりました。

ありがとうございました。  

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


保育園に来る子はそれぞれが様々な家庭環境に育ち様々な個性を持っていて誰一人同じ子はいません

今までも一人一人の個性や気持ちを大切にした保育を心掛けてきましたが、今日の講座でベビーマッサージにもタイプ別のなで方がある事を知りました

そして改めて一人一人の気持ちを見極める事の大切さと見極めた上で気持ちを込めた触れ方の大切さを知る事が出来ました

鼻水、咳、寝ぐずり等の実際によくある症状に対するマッサージも教えて頂き、これからの保育に取り入れて実践したいと思いました。ありがとうございました


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

とても為になる講演でした。子どもたちが同時に泣いていたりすると気持ちに余裕のない時もありますが、できる範囲で子どもたちが上手く出来た事を身体に触れて笑顔で、大げさに喜び、今まで以上に女優?になってみようと思います(^^)

子育ての時期は、焦り、不安

自分もいろいろありました。

お母さんの気持ちに寄り沿って、気持ちを和らげてあげれるような保育士でもありたいと思いました。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

今まで、なんとなくしていた「触れる」ことの大切さを再発見できました。先生が難しい事も分かりやすい図とことばで

丁寧に説明されてすんなり理解できました。これからの保育に触れる意味を考え、相手のことを思いながら行っていこうと思います。触れるツボもタイプ別があることを知り、実践していこうと思います。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


ベビーマッサージの講習と聞いていたので、0歳などの赤ちゃんに対するマッサージの講習かと思っていたが、触れるということの根本的な意味や、症状、タイプによって触ると効果的な場所があるなど、普段自分が当たり前だと思っている行動に様々な意味があるということを初めて知り、とても驚いた。

講習を聞いてると自分のクラスの子どもたちの顔がすごく思い浮かんできたので、今日学んだことをしっかり頭に入れ、日々の保育に生かし、子どもたちと接していけたらいいと思う。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


育脳あそびアドバイザー養成講座

(4時間)


2022年秋 開催予定!!

 受講料:78,000円 (税込 85800円) 


知育おもちゃはたくさんあるものの、どれを買ってどのように遊べば良いのか分からない

そんな、お子さんのために悩むお母さんに伝えることのできる「育脳あそび」

 

おままごとが好きな子は将来アナウンサー!?
トミカやプラレールが好きな子は将来建築家!?

 

遊びの中には脳を刺激する要素がたくさん!
脳のどこに効くあそび(おもちゃ)なのかを理解して使うことで
日々のあそびがクリエイティブに変化します。

 

知能を伸ばす刺激を毎日の遊びの中に取り入れる!
それだけでお子さんの伸びが変わります!
お子さんにとって大切な「あそび」を楽しくプラスに変える「育脳あそび」を学びませんか。



【参加者の声】
 

普段のあそびを見て、様々な角度から刺激を与えてあげることの必要性を知ることができて良かったです。これからの親子あそびがもっと充実できるようにしていきたいと思いました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

子どもへの声かけのバランスを意識したことがなかったことに気づくことができました。

日々の子どものあそびへの声かけが変わりそうです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

あそびにも意味があると分かると、ただ遊ばせるだけではなくきちんと見極めて個性を伸ばしてあげようと思いました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 

代表 吉川朋江

私はラジオパーソナリティとして20年以上「伝える」ことを生業としていますが、お仕事を続けながら子育てと向き合う中で生涯かけて「伝えていきたい」と感銘を受けたのが「日本の子育て」でした。

寝かしつけの「背中トントン」
傷を癒す「痛いの痛いの飛んでいけ」
高いたかい遊び
くすぐり遊び
頭で撫でる「いい子いい子」

なにげなーく日本古来から受け継がれる子育てのふれあいに
驚くような知恵が、理論が詰まっていることを知った時、目から鱗で
毎日の子育てでこんなに子どもたちに素晴らしい時間や体験を与える事ができていたのかと
びっくりしたのを昨日の事のように思い出します。

1人でも多くの方に
この日本の子育ての知恵をお伝えしたい、そしてもっともっと子育てって楽しくて幸せに溢れる時間なのだと共に感じていきたい。

そんな思いから
日本親子応援団を大切な仲間と設立しました。

副代表 加藤絵美子

認可保育園を運営する団体の理事、専門学校の非常勤講師を務めながら、保育士・リトミック・コーチング資格を活用した新しい形のスキンシップと日本古来の知恵を親子に伝える活動と共に、支援者や保育士向けの講演を行う。

 

発達支援コーチ初級講座を修了し、生活の中で「お困り感」を感じる子どもたちや、その母親への支援、支援施設のプログラム監修を手掛ける。

 

【講座実績】
・名古屋市教育委員会主催 親学関連講座
・保健所主催 イヤイヤ期講座

 ・広報なごや掲載 各スポーツセンター主催 ベビーマッサージ講座

 ・名古屋市地域子育て応援拠点 親子教室 

 ・保育園や療育センターでのPTA向けセミナー

 ・企業内 会員向けセミナー 他

 

【取材実績】
・リトル・ママ
・myセカンドオピニオン株式会社 plus one
・FM AICHI ラジオ出演 
他 多数